FC2ブログ
初心者からのアフィリエイト(アフリエイト)をブログで考察するブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アマゾン近頃、結構、攻めの戦略続いています。
2日からはネット上で書籍の立ち読みサービスを開始。
「なか身!検索」というサービスだ。

最初は約13万冊が対象になる。これは出版社の承諾による。

普段アマゾンだと書籍名やカテゴリーで検索やリンク組むと思いますが、
書籍の中に含まれるキーワードは出てこない。

例えば音楽なら、その曲名などは書籍名には出ないことも多い。
例えるなら「エリック・クラプトン」についての本を探していて、
中でも、「愛しのレイラ」(日本語名)の曲の由来や作られた背景を
知りたければ、「エリック・クラプトン」で検索するよりも、
曲名で検索したほうが、自分が欲しい情報の書籍を検索することが可能だ。

検索結果として、該当のページ数と前後数ページを画像表示できる。

著作権保護のため、印刷はできないようになっているらしい。

米国ではすでに2003年からやっており、日本は5カ国目。
ヤフーにしても日本は先進国の中では後手後手だ。

書籍を中心にアフィリエイトサイトを運営している方は是非、
消費者にアピールすべき点だと思う。

漫画の単行本は雑誌でも掲載されたものが販売されるものが多いが、
多くの書籍は中身の構成や内容の書き方などで判断したいのが
消費者のニーズでしょう。

「アマゾン」という知名度と実店舗により近づくことで
成約率や購買率は高まると思われる。

また、「アマゾン」は千葉県の市川市に「アマゾン市川FC」という
延べ床面積6万2300平方メートルの新物流センターも立ち上げている。従来の4倍の規模だ。

2000年に170万点だった「アマゾン」の取り扱い点数は1000万を
超えており、市川は首都圏物流では有名なところ。
単に全国というのでなく首都圏の物流効率化は網の目を細かくする効果がある。
24時間以内の発送の点数拡大や物流網の整備・効率化で新たなサービスも構築してくるように思える。

また、「アマゾン」はTBSの対楽天戦略で通販分野で提携。

「米アマゾン」は配送料無料化サービスや価格引下げなどで四半期
売上は急増している。家電も好調だ。

今回の物流や提携見ていると日本でも狙っているのがわかる。
物流の効率化はネットと違い、ある程度の規模がないと
他を突き放すことは出来ないからだ。
新規企業でも上場で得た資金を物流網の整備に充てることも多い。

一方、グーグルも書籍の電子化を進めているが出版社との訴訟も
起きている。
グーグルは米企業で最速の時価総額1000億ドルを突破。(1ドル116円)
日本円で約11兆6000億円。米企業でトップ20に入る。
(時価総額は発行している株数×株価で考えてください)

ちなみに、東証1部でこれを上回っているのは
トヨタ・東京三菱UFJの2社だけである。
(2005.11.2)

ネットビジネスも市場規模の大きく見込める分野は
より、提携、合併、資金投入など激しい段階にすでに入っている。

ブログもこの半年で4割も増加。
米グーグルではブログ専用の検索サービスも開始している。
ブログという更新頻度の高いものに対応する為らしいがこれも
いづれ、全体のクロールスピード向上など波及してくるだろう。

お役に立てたら下のランキングへ応援お願いします。
このブログの記事はPowered by応援で成り立ってます^^

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます。
ちょうどテンプレを変えてたときに
いらしたみたいです。
2005/11/06(日) 07:32 | URL | >UGさん #-[ 編集]
興味深い記事でした。自分も参考にさせていただきます。この記事のランキングのリンクがちゃんとされていないようですよ。
2005/11/05(土) 01:57 | URL | UG #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://affiliate1kara.blog22.fc2.com/tb.php/210-c37a4dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。