FC2ブログ
初心者からのアフィリエイト(アフリエイト)をブログで考察するブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テキストにリンクをつける。結構、ASPとか長いとかあって
自分の文中には使いづらいですよね。
テキストにリンクをつけれるツール使えばかなりいろいろ出来ますよ。
今回のは最もシンプルなやつです。
様々な素材屋さんやHTML説明してるHPなどで
手に入るのでとりあえずということで。

使い方
記事中の場合。
①記事のリンクさせたい文字をドラッグで反転。
②記事投稿のリンクをクリック。
③URLを入力
完成!

ツールの場合。(画面で作業しながらリンク作る場合)
または他のテンプレとかに埋め込むとき。

①テキスト(文字ね)を上の窓に入れます。
②URLを入れる。
③確定するとテキストに指定のURLが入ったタグが作成されます。
④コピペして貼り付けです。
他にもありますがこのツール部分が小さいので画面を
他と使いながらできますよ。
⑤また、テキストリンク作るときはIEなら「戻る」
そのあと、「更新マーク」すると[http//]とでるので邪魔なら
カーソルをあてバックで。

ここでおさらい。他の記事にも書いてますよ。

テキストリンクのメリット。
①画像やバナー入らないならこっちの方が軽い。
表示が遅いなんてことがなくなります。

②SEO対策にもいい。バナーなどは検索エンジンからスルーされます。
また、指定してるURLが検索エンジンに登録されてなくても
テキストで拾って検索に返します。

③①と②の結果、検索エンジンに読み取ってもらい易くなります。
画像のリンクのコピペとか見たことありますよね。
長いです。
テキストリンクは単純。
他も含めて単純なほうが検索エンジンにもいいということです。

④スマートにクリックに結びつけ易い。
これも全体的に、相手にあまり警戒感を与えないほうが
記事などで興味もってクリック率が上がるようです。

⑤過去記事を使う。
過去記事ってどうしても埋もれがちです。
関連記事なら自分内トラバ^^関連記事にリンク張りましょう。
読んでもらえるかも。

⑥過去記事のURLとのリンク関係。
自分のサイト内で関連記事へのリンク。
ということは「ページランク」の「リンクの類似性」
「キーワード密度」に関連してきます。
過去記事のURLは記事の題などクリックすると
自分のURLのあと38htmlとかでてるやつです。
ページにその記事だけ表示してれば間違えないとおもいますよ。
こんな感じで⇒関連記事「全くの初心者でも出来る検索エンジン対策」

応用?すればよく文全部にリンク下線あったりしますができます。

こんなにメリットあるんですね。
よく使うものとかは、「メモ帳」にまとめて入れておくのも手ですよ。
そこからコピペすればいいので。

特に電脳卸はテキストのリンク先はあるけどリンク生成できないから。

単にテキストリンクの作成だけだと今更!って言われそうなので^^
メリットなどまとめて見ました~

ASPによっては用意したテキストリンクの改変ダメとか
ありますが、実際、多少は大丈夫と思いますよ。
確認の上使ってください。他の人のサイトみれば改変してるとか
わかるかも。ECサイト様にメリットあるようにすればいいかと。


ツールはこの⇒応援は更に文字にリンク張れます

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは^^
僕も初めてって感じしないですね^^
あがささん、よく見るせいか
全然、違和感ないです。
これからも、よろしくお願いします^^
2005/10/29(土) 22:44 | URL | >あがささん #-[ 編集]
こんにちは。
もしかしたら初めまして、でしょうか?あふあふさんの名前は、私のよく行くサイトでもしょっちゅう目にするので、ご挨拶していないとは思わなかったのですが、コメントが残っていないようなので、はじめてかも知れません。
またじっくり読ませて頂きに参ります。

テキストリンクを楽につけてくれるツールがあるんですね。勉強になりました。
今までhtmlのリンクを毎回書いていました。リンクと改行くらいしかhtmlは使えませんけど(笑)
2005/10/29(土) 18:30 | URL | あがさ #mQop/nM.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/10/29(土) 12:37 | | #[ 編集]
おはようございます~
まあこさん、結構A8に頭来てますね^^
昨日もどっかでコメ見ましたよ。
まあこさんだ!と思ってコメ読むと
A8について。
でも、まあこさんちゃんと読んでるんですね。
僕は、メール自体が疲れるので
関係ないと思ったら題だけ見てどんどん捨てます^^
提携申込んでないのは多分自動承認?
だと思います。
僕もサーバーの比較で取り上げたいの
あったけど肝心なので落とされました。反転させてもできる?
リンク下線必要・・直さなきゃです。
2005/10/29(土) 10:25 | URL | >まあこさん #-[ 編集]
おはよ~♪
反転しても、リンク下線までつけているまあこさんで~す。
バナーよりも文字リンクを心がけなければと思う今日このごろです。
ちょっと、テンション下がってます(笑)
あふさん、A8をバサっと斬って欲しいな!
どうも、対応がチグハグ・・・そう思っているのはまあこさんだけ?

先日、あるプログラム終了のお知らせ→昨日、担当者から、引き続き掲載依頼のお知らせ→今日朝からまた終了メール→挙句の果て申し込み頂いていたプログラムは終了しましたので・・・申請なんかしてないっつうのに、もう掲載してるんだよ!
いろいろ文句があるからメール送ろうと書き始めたけど、途中でバカらしくなってやめちゃったよ!(笑)
A8紹介プログラムももう何回落とされたことやら・・・
メール送っても回答が想像できるから気分害するだけ(笑)
2005/10/29(土) 10:02 | URL | まあこ #Mi2FEZ36[ 編集]
本当は、サイドと記事中リンクの表現変えたいんですけど、まだ、わかんないんです。
憧れの反転を取ってしまった^^
でも、理想どうりにいきませんね^^
気づいてないと思いますが。。
プラグインとプラグインの間の隙間
埋めてみました。でも隙間0にすると
壊れました~
あることをしようと思ったんですがね~
2005/10/29(土) 07:50 | URL | >julietteさん #-[ 編集]
こんにちわ。

>リンク下線ですが絶対あったほうが
いいと思いますよ。

そう?そう思いますか?
だったら、残しておいて見ます。
今、消そう・・・としてました(*^^)♪

みるひとの気持ちになるのって、大事ですね。
2005/10/28(金) 14:24 | URL | >あふあふさん #-[ 編集]
ほんとだ~
ありがとうございます。
てっきりそのままURLがでるのかと。
こんなに簡単だったんですね。
早速、記事に追加で^^
このツールは商品生成とかなんかの時に作業するとき用ですね。
他にテンプレとかで使うときにでも。
他の作業で使うって事で^^
2005/10/28(金) 07:03 | URL | >むーんさん #-[ 編集]
おはようございますっ 寝起きで読んでも頭にはいらないことが判明(ノ_-。)ウゥ
あとでまたちゃんと読むです≦(._.)≧

むんはブログ投稿のリンク機能つかってますよ
普通に文章打っといて あとから文字反転させてリンク載せてます

まと はずしてるかな?
ごめん出直します(・・;)
2005/10/28(金) 06:40 | URL | むーん #-[ 編集]
ありがとうございます。
手打ちでやってるんですか?
すごいことです。
僕はこのツールでテキストのみはやってますね。
リンク下線ですが絶対あったほうが
いいと思いますよ。
初めて見る人は下線=リンクという
一般的にみると思うので。
このブログは改装時にスタイルシートでリンクが背景と反転するようにしたので記事中も全部これに反映。
黒と紺でリンクわかりにくくなりました(汗)
普通の人がこのツールで作れば下線が
出るはずですよ。
2005/10/28(金) 01:07 | URL | あふあふ #-[ 編集]
こんばんわ。そろそろ寝ますが、コメントいただいて参上しました(ありがと♪)
テキストリンクについて、みんなそのほうがいいと知っているはずだけど
使い方があんまりってパターンは多いと思うのです。(はい!このわたしも~)

最近、SEOの記事で思いつき過去記事リンクさせてみました。
それなりに効果があるのかも~~

ところでアフアフさんは、リンクの下線、けしてるのでしょうか?
わたしは、いままで手打ちでaタグ書いてましたから。。。そこまでやってなかったけど、けしたほうがいいでしょうかね?

また、週明けにテキスト系の記事も書くと思います。
どうぞよろしく(*^^)♪ぽちっと押して帰ります。おやすみなさ~い。
2005/10/28(金) 00:46 | URL | juliette #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://affiliate1kara.blog22.fc2.com/tb.php/201-9f97b5f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。